IT・プログラム

【HHKB】買うならどのタイプ?3つ買い揃えたので打鍵音も比較してみた

まあ(@marsunrise3)です。

すっかりキーボード沼にハマってしまって、会社用に同じキー配列のキーボードが欲しくなり3つ目のHappy Hacking KeyBoard(HHKB)を買ってしまいました。

なにがそんなに魅力なんだろうか?
まあ
まあ
使ってみて! と、言いたいところだけど、一言でいうと狭い作業環境で、キーボード操作に特化したキーボードなんだよ。
すごく価格が高いよね
種類があるけど、なにを選んで良いのかわからないね
まあ
まあ
HHKBを3つも買い揃えた自分が、選び方のコツを伝授しますよ

3つ目に検討してたのは会社用ということもあり、価格が抑えめの有線接続(USB)タイプのProffesional JPを狙っていました。

日本語キーボードにこだわっている理由については、HHKB買うなら無理せずJPした方が良い!USは後悔している人多数?!で解説しています。

運良く、メルカリに出品されていて、価格も安かったので即買いして、晴れて3つのHHKBのユーザーとなりました。

そんな私が、HHKBの購入を検討している人に、選び方の参考になるものをお届けします。

こんな人におすすめ
  • HHKBって色んな種類があって、違いがわからない人
  • 違いはわかっているが、買う決め手に欠けている人
  • 打鍵感?打鍵音?みんな同じでしょって思っている人

この記事を読むと機能の違いと、好みが分かれる打鍵音の違いがわかるようになります。

HHKBの違いについて

今回の比較の対象となるキーボードは、こちらの3種類です。

HHKBの3種類が比較の対象
  • HHKB Proffesional JP
  • HHKB Proffesional HYBRID Type-S
  • HHKB Lite2 for Mac 

比較のポイントは、接続方法、押下圧、打鍵音の3つです。

キー配列はいずれも日本語配列です、Lite2のみカーソルキーがやや小さめのキーで独立していますが、ほぼ同じ並びにになっています。

Proffesional HYBRID Type-S(型番:PD-KB820BS)

出典:PFU社

HHKBの現段階のフラグシップモデルです。
使いやすさに加えて、静音性(Silent)、高速性(Speed)を実現させたType-Sモデルです。

おすすめ度
接続方法 Bluetoothで4台、USB TypeCで1台の接続が可
押下圧 45g 軽い。抵抗がないため素早く行える
キーストローク 3.8mm
打鍵音 小さめ。スコスコ音

キー入力が軽く行えて、底づきの必要もないので、力が最小で済むことで疲れないキーボードです。
詳しいレビュー内容は、HHKB Professional HYBRID Type−Sを買った決め手はなに?で解説しています。

Proffesional HYBRID Type-Sの実際のタッチ音がこちら

高速タイピングかつ、音の静かさで一番味を出してます。少なくとも5年は使いそうです。

製品仕様上、スイッチは3,000万回の使用に耐えられるので、耐用年数は10年も超えてきます。

Proffesional JP(型番:PD-KB420B)

出典:PFU社

伝統的なHHKBの系譜を引き継いでいるProffesionalモデル。
日本語配列ですが、”かな”の印字はなく、シンプルな英字のみで英語キーボードにもみえる格好良さがあります。

USBによる有線接続のProffesional Classicとして英語版のみの販売となっています。
日本語配列フリークとしては、日本語配列も復活してほしいところです。

おすすめ度
接続方法 USB TypeCでの接続のみ
押下圧 45g 少し抵抗あり
キーストローク 4.0mm
打鍵音 普通。スコカチ音

押下圧が、HYBRID Type-Sと同じ45gですが、ほんの少しですが、キー押し切るのに抵抗があります。
キーストロークが0.2mm長いことが影響して、そう感じてるのかもです。

Proffesional JPの実際のタッチ音がこちら

個人的には、打鍵音はこれが一番好き

ちょっとタッチ音が大きので、テレワークでの使用には少し不向きです。Lite2よりは音の種類も違うし多少静かなので耐えられるかも。

Lite2 for Mac(型番:PD-KB220MA)

出典:PFU社

HHKBのシリーズの中で、1万円の価格を切る廉価版のキーボードです。

廉価版のLite2シリーズは、Windows用、Mac用のそれぞれ販売終了となっています。

布教させたい身としては、入門編としてLite2シリーズが復活することを願っています。

他のHHKBシリーズの特徴である静電容量無接点を採用していないので、キータッチの感触は異なるものです。
キー配列やサイズ感は、HHKBそのものなので、雰囲気を試すのにはもってこいの製品です。

おすすめ度
接続方法 USBでの接続のみ(ケーブルの脱着はできない)
押下圧 55g 重たい。しっかりと押す必要がある
キーストローク 3.8mm
打鍵音 大きめ。キーキャップと支柱がぶつかる音が大きい

押下圧も55gと、HHKBシリーズの中で、かなり重めな設定です。メンブレンのスイッチをつかっているのも要因の1つです。
デスクトップPCを購入したときに付いてくるキーストロークの長い気ボードは、ほぼこのメンブレンのスイッチでしょう。
付属のキーボードに慣れている人には、違和感なく使えると言えます。

Lite2 for Macの実際のタッチ音がこちら

これはこれで、一般的なキーボードの音で、聞き慣れていることもあり安心します。
ですが、有線接続なので、持ち歩きには不便です。

HHKBの選び方

キーボードをタイピングする打鍵音で決める

実際使う人の好みで選ぶのがベターと感じます。なぜなら、キーボードの打鍵音は人に公開するものでも、されるものでもなく、キーボードを一番使っている人が、ずーーーーっと聞き続けるからです。

3つキーボードで聴き比べるのはこちらです。

打鍵音は、完全に個人の好みとなります。
買う前に、どの音のが好みなのか知っておく必要があります。

接続するデバイスのタイプや数で決める

HHKBのキーボードを何に接続して使う予定があるのかによって、選択する製品が変わってきます。

例えば、1台のデスクトップに接続するだけであれば、USB接続の有線タイプだけのモデルにするのが、コストパフォーマンスが良くなります。

一方、キーボードを接続したいデバイスが複数あって、Bluetoothが使えるのであれば、有線、無線の両方が使えるHYBRIDがおすすめです。

ただ単にHHKBを体験してみたいだけであれば、廉価版というのもありですが、いずれProffesionalが欲しくなることになるので、最初からProffesionalモデルにチャレンジするのもあり。

HHKBの選び方まとめ

キーボード自体が気に入ったら、後々、いろいろなデバイス(PC、タブレット)に接続したくなるので、思考停止でProffesional HYBRIDに決めて、音の好みでType-Sにするかどうかで選択すると良いです。

HHKB Professional HYBRID 日本語配列/墨
created by Rinker