IT・プログラム

【ConoHaWing初心者向け】データ復旧手順を10枚の画像で解説(DB編)

まあです。

ConoHaWingパックを契約していると、サーバー側で自動でバックアップされています。
普段は気にならないでしょうが、いざ、なにか起こったときにものすごく感謝したくなるサービスです。

ConoHa Wingで自動バックアップされいるけど、復旧させるやり方って簡単なの?
まあ
まあ
バックアップされてるデータを、復旧させることをリストアっていうんだけど、リストアするだけなら簡単だよ。
だけど、リストアしたデータを使えるようにするのは、ただ戻しただけじゃダメなんだ。
いざってときのために、わかりやく解説してほしいんだけど。
まあ
まあ
図解を交えて解説するよ。
とくにハマりやすいポイントも、解説していくので安心してください。

操作はご自身の責任のもと、慎重に行ってください。

一昔前は、バックアップデータをリストアするのにお金がかかっていたようですが、現在は無料かつ、自分でリストアすることが可能です。

ほとんどの人が、リストアするような機会は来ないでしょう。
バックアップの復旧機能を使う機会もないなので、いざというときにどうすればよいか迷ったりします。

今回、たまたま、リストアさせる機会があって、他の解説サイトを見てやってみたのですが、書いてある手順だけで完全に復元できているか不安な感じでした。

ということもあり、不安が残る記事しかないのであれば、自分で記録しておくことにしました。

ConoHa Wingの自動バックアップの確認

ConoHa Wingのバックアップの対象は?

レンタルしているサーバーのデータをまるっと全部バックアップしてくれているサービスになっています。
対象となっているのは、以下の3項目です。

  • Webデータ : サーバー上にあるファイルの全部
  • Mail : サーバ上で運用しているメールのデータ
  • DB : DB(データベース)のデータ全部

WordPressでブログを運営しているときに必要なデータ

Webデータには、Webのデザインや設定がファイルに書かれています。CSSをカスタマイズしたり、ショートコードを追加したコードが書かれているファイルがおいています。
間違えて消してしまったとか、編集して動作しなくなってしまったけど、元に戻せないときに、バックアップしたデータから復元することができます。




DB(データベース)には、記事の本体や、カテゴリやタイトルなどのデータが入っています。
記事の中にも、文字色を変えたり、リンクを張ったりとサイトを構成する独自のHTMLを保存しています。

一生懸命書いた記事はデータベースの中にあるんです。

WebとDB(データベース)のどちらか一方でブログが成立しているわけではありません。
Webデータ、DB(データベース)の両方で同期が取れているのが良いですが、バックアップの実行にはタイムラグがあるので、注意してください。

バックアップされているデータの確認

ConoHa Wingのコントロール画面にログインします。


左端のメニューから
①サーバ管理
②自動バックアップ
を選択すると、直近にバックアップされている日付が表示されます。


”リストア可”となっているところが、リストアさせることができる一覧です。

バックアップデータをリストアする手順


自動バックアップの画面から、リストアしたい日付の”リストア可”をクリックします。


①リストアするDB(データベース)を選択します。
通常は、1つだけDB(データベース)があるので、リストボックスから選択します

②リストアボタンを押します。
ボタンを押すと、リストアが始まります。バックアップされているサイズにもよりますが、5分程度で終わりました。


リストアすると結果が、リストア履歴に表示されるようになります。
DB(データベース)とWebデータで、リストアしたデータを区別することができます。

注意

Webデータは、24時間経過すると自動で削除されます。
残しておきたいときは、ダウンロードして自分のPCに保存しておきましょう。




WordPressで復旧させる方法

データベースをリストアしただけでは、Wordpressが参照しているデータベースが復旧されたことになりません。

サイトの訪問者は、WordpressのURLにアクセスしてきます。
アクセスされたWordpressは、必要な情報をデータベースから取得して、ページを構成してHTMLを作成し、表示される仕組みになっています。
記事のデータをデータベースから取ってくるので、データの取得先を変更することで復旧させることができます。

①のオリジナルデータベースから参照しているデータを、②のリストアしたデータベースに変更をしてあげる必要があります。
復旧の手順は、以下の2点です。

(1)DBにアクセスするユーザの接続先に設定する
(2)Wordpressが参照するデータベース名を変更して、接続先を変更する

ConoHa Wingのコントロール画面で行うこと

リストアしたデータベースと、オリジナルのデータベースのネームタグが同じであるため接続先の区別をするために、ネームタグを変更します。

リストアしたデータベースのネームタグを変更する


コントロール画面から、①サイト管理から、②データベースを選択してください。


リストアしたての場合、ネームタグが同一で区別がつかないので、ネームタグを変更して、リストアしたデータベースがわかるようにします。
対象のデータベース名は、リストアを実行した日付が後ろについているので、データベース名を見てリストアしたデータベースを区別してください。


①鉛筆マークをクリックするとネームタグが編集できるようになるので、編集して保存します。

文字列の後ろに『_restore』など区別できればなんでもよいです。

データベースにアクセスするユーザの接続先を設定する

リストアしたデータベースに接続できるように、接続先データベースを追加します。

①のスパナのアイコンをクリックします。


①+をクリックすると、接続先を選べる状態になります。


リストアしたデータベースの①ネームタグを選択して、②保存します。

これで、データベースの設定は完了です。

WordPressが参照するデータベース名の接続先を変更する

WordPressが参照するデータベースは、wp_config.phpというファイルに記載されています。
wp_config.phpの参照先を編集すれば、データベースのリストア作業は完了です。

注意

wp-config.php は、プログラムのファイルとなっているので、編集を間違えてしまうとサイトが表示されなくなります。

編集するファイルは、バックアップしてリモートにダウンロードしておくことをおすすめします。
動かくなってしまった場合は、ダウンロードしたファイルをコピーしてもとに戻してください。

ConoHaWingのコントロール画面のファイルマネージャーから、
public_html -> ドメイン名 -> wp_config.php 
を選択して、編集します。

サブディレクトリにWordpressをインストールしている場合は、配置場所が異なるので注意してください。
public_html -> ドメイン名 -> サブディレクトリ -> wp-config.php

ファイルを選択して、「ファイル編集」を選ぶとテキストエディタが表示されるので、1番上の「ACE Editor」を選択してください。


どのエディタを選んでも大丈夫です。本記事では「ACE Editor」を使用しています。

wp-config.phpのファイル編集で開けたら、①DB_NAMEを、リストアしたDB名に編集して保存します。
その他の項目を編集する必要はありません。

DB名は、編集したネームタグではなく、データベース名を入力してください

これでWordpressのDBのリストアが完了です。

ブログにアクセスして、復旧しているか確認してください。

こんなサービスレベルの高いWordpressに向いているレンタルサーバはこちら。
【バックアップサービスも充実】初心者にも優しい初期費用無料の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

わからないことや、実際の画面と違うことがありましたら、お手数ですがコメントを頂けると助かります。
コメント頂いたら、見直して最新化します。






    Amazonで買い物する前に現金チャージするとポイント貯まる!


    Amazonでお買い物する前に、現金でチャージすると金額に応じてポイントが貯まります!

    チャージ方法は、コンビニ・ATM・ネットバンキングで行うとポイント率が高めです。

    クレジットカードでチャージする場合は、キャンペーンサイトを参照してください。

    チャージ金額の有効期限は10年あるので、Amazonを普段使いしているならチャージして買い物するのがお得です。

    90,000円チャージすれば、2,250ポイント貯まります。

    \買い物前に現金でチャージするとポイント貯まる/

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です