キャンプ

【キャンプギア】お気に入りのガレージブランドを見つけてキャンプサイトを飾ろう




まあです。

コロナが始まって、キャンプに行けてないフラストレーションが溜まっているキャンプ好きおじさんです。
アウトドアだし、密をさけられるしということで、キャンプに行かれている方もいっぱいいますが、会社勤めをしていると、なんか外出しても良い雰囲気が、全然漂ってこないです。

しかもキャンプに行かないので、当然、新しいギアが必要になるケースもなく、買う理由もなく、モンモンと過ごす毎日を送ってます。

ストレス解消法
  • キャンプギアをDIYする
  • 新しいキャンプギアを探す

DIYは場所と時間を選ぶので、今回は新しいキャンプギアを探すネットの旅にでることで、少しでも気持ちを落ちつけてみようと思います。

ではどんなものが見つかるとテンションがあがりますか?

“まあ”
“まあ”
みたことないオシャレなギアがみつかったときにテンションがあがります。

見たこと無いオシャレギアってどうやって見つけようかとすると、誰かのブログからみつけるか、ショッピングサイトからみつけることが一般ですかね。ガレージブランドは独自の販売サイトは持っていても、ECショッピングモールには出展してないこともしばしばなので、やっぱりブログが鍵だったりしますかね。

キャンプを始めた最初の頃は、キャンプギアを想像するのが楽しくてしょうが無い時期があります。選んで楽しくて、買ったら届くのが待ち遠しくて、キャンプで使える日が来るのを指を折って数えるほど楽しみにしちゃってます。

そんなオシャレなガレージブランドを紹介してみて、商品から見つけるのではなく、ブランド・ショップから見つけられるように紹介してみます。

というよりか、自分のためのブックマークです。

1.みんな大好き焚き火台

TRIPATH PRODUCTS

https://products.tripath.co.jp/
北海道の金属加工企業が立ち上げたプライベートブランドで、立体造形がホントに素晴らしいアイテムがあります。特に焚き火台が秀逸です。金属を通して本物を伝えようとしていて、まずはアウトドアのカテゴリから

GURU GURU FIRE

元々が金属加工が得意なので、ギアの精度が半端なく、収納時のこともすごく考えられてます。

MITARI WORKS

https://www.mitariworks.com/
こちらのブランドも鉄工所が関連しているとのことで、立体的なデザインもさることながら、一つ一つのパーツがおりなすデザインのインパクトがすごいです。

Takibi Stand L

素材が軟鋼という炭素鋼でできていてるので、使用後の水分はよく乾かしてからしまわないとサビが発生します。防錆コーティングもオプションで行ってくれるサービスもあります。

THE IRON FIELD GEAR

https://tifg.jp/
瀬戸内で造船・建築で培ってきた鉄工所の社長が創立した、鉄の道具を創造するブランドです。鉄への思い入れと野遊びとの融合を大切にされているそうです。

TAKI BE ITA

このシルエットに惚れました。かっこよすぎでます。組み立ても簡単なのと、ピタッとうすく収まるので収納にも困らない感じです。ただ、重量が6.7kgとかなり重いです。重量がある分、安定感は抜群にあるでしょう。




2.リビングを豪華にファニチャー

BLAZE WORKS

https://imf.theshop.jp/categories/1442037
湘南茅ヶ崎で鉄製の家具ブランドからの派生したキャンプ用のブランドです。欲しい物を作るコンセプトでつくられているようで、普通のキャンプ用品とは一線を画しているように思えます。

INOX LOW TABLE

ステンレスのフレームとウッドの割合がとても素敵なローテーブルで、家の中でも十分に使えて、しかもオシャレ感満載の一品です。

CAMP★MANIA PRODUCTS

https://camp-mania.com/
『メイド・イン・ジャパンであること』にこだわりを持っていて、WoodJOBの木工業がある岐阜県から発信しているブランドです。ないものを職人によるメイド・イン・ジャパンでギアを開発してます。

COMPACT LO TABLE (M) walnut mix

量産品にはないこだわりのローテーブルがあります。木のぬくもりが感じられるもので、きれいなラインに惚れ惚れしそうです。

木製ペグ、木製ポールとかもあって木へのこだわりが半端なく、ブランドとしても想いが伝わってきます。

The Arth camping & technology

https://thearth.design/
円卓のような六角のヘキサテーブルのパイオニア的ブランドです。とにかくヘキサテーブルのバリエーションの多さがヤバいです。落ち着きのあるシックなテーブルの他、ネイチャー系なデザインのものもありオシャレなテーブルの極みです。

組合わて使うことができて、ワンポールテントのセンターテーブルや、焚き火大などを囲みダイニングテーブル的にも使用できます。

ガレージブランドまとめ

  • Webサイトのデザイン性が高く格好いい
  • 趣味が講じてブランドを創設されていることが多い
  • 自分が欲しい、自分のライフスタイルにあったものは、自分で作ってしまえのスタンス
  • 自社の強みを生かした素材などのブランディングが強い

それぞれコンセプトがあって、ブランディングしていてとにかくオシャレなものばかりです。

一つブランドを見て回って、自分のもっているアイテムとどう組み合わせるか、交換するのならどうか、クルマへの積載をどうすればよいかと想像をふくらませることができます。

これで次回へのキャンプに向けた想像の準備ができたので、キャンプ行きたい病が少しは緩和できるはずです。